季節に合わせたニキビケアを!

ニキビ化粧品での肌ケア│季節の変わり目

ニキビができにくい肌にするためには肌のコンディションに注意する必要があります。肌のコンディションは日によって違いますが、特に大きく影響を受けやすい要因の一つに季節の変わり目の時期があります。

日本は春夏秋冬がはっきりしているように、その変わり目は気候や湿度などに急激な変化がある事も多く、あまり気付かなくても肌がその差に付いていけていないというケースがあります。 毎日のケアを大事にして、肌を整える事を心がけましょう。

特に気を付けたいのはやはり夏と冬の極端な気候の時期です。 夏場は汗ばむ事も増えるため、肌に脂分も残りやすくなりますし、汚れやすくなります。 また、冬は逆に乾燥しがちになります。 こちらも気づかないうちに肌がかさかさになっていたという事も良くあるので、気を付けたい所です。

肌にはきれいな水分と脂分が適度に必要で、バランスが大切です。 夏のように多すぎても、冬のように少なくても良くないのです。 季節の変わり目は急に暑かったり寒かったりと気候が日によって変化しやすいです。 顔は外気に直接触れるため、その変化を敏感に感じ取っているのです。

なかなかその変化を読むのは難しいですが、今日はちょっと暑いなと感じたら、汗を意識してふき取るようにしたり、乾燥していると思ったら、肌に水分を補給しておく事が大切です。 ケア用品を持ち歩き、合間の時間でさっとケアをするのもお勧めです。 回数の行い過ぎには気を付けましょう。

また、春と秋は気候的にも過ごしやすく、肌の調子を整えやすい時期でもあります。 この時期にしっかりと肌のコンディションを整え、夏や冬に備えるようにするのも良いです。 整った肌だと気候の変化にも耐えやすく、あまり大きな肌のトラブルを起こさずに済みます。

基本はきちんと洗顔を行い肌を清潔に保って、化粧水と乳液での保湿、あとは規則正しい生活習慣を心がけていきましょう。 毎日意識して行えば、肌はしっかりと応えてくれます。


皮膚科と美容皮膚科の違いは何?

症状が悪化したニキビは自分で処置をして治す方もいますが、あまりお勧めはしません。 自己流の治し方で間違った処置をしてしまうと、ニキビは治るかもしれませんが、ニキビ跡と呼ばれる跡が残ってしまう事がよくあるためです。

特に肌が色白の方の場合はニキビ跡があると目立ってしまうため、できるだけ避けたいところです。 正しい治し方で跡が残らないように治したいという方には皮膚科や美容皮膚科がお勧めです。

皮膚科と美容皮膚科の違いは、皮膚科はニキビを含め、皮膚に関する症状を全般的に治療するための施設なのに対して美容皮膚科は新しい美容に関する技術や設備、化粧品や薬を豊富に揃えているという違いがあります。 サロンのような雰囲気で居心地が良いお店が多いのも特徴です。

美容皮膚科は治療ももちろんしてくれますが、肌をきれいにするなどの美容効果も期待できるというメリットがあります。 費用的な面では皮膚科の方が安いですが、これも理由があります。 単純に考えると、美容効果がある分、美容皮膚科の方が高いのではと考える方が多いですが、もちろんそれも大きなポイントです。

やはり美容にはお金がかかるものです。 美容皮膚科もニキビを治す以外にも肌のリフトアップやハーブなどでのトリートメントなど、様々なコースが用意されています。 もう一つ、費用が高くなる理由には、美容皮膚科では保険が適用されないという事があります。 美容皮膚科は病院とは認知されていないため、保険適用外なのです。

どちらが良いかというのは人によって違いますが、ニキビを単純にきれいに治したいなら皮膚科、美容効果も合わせて施術してほしい、気持ち良く治療や施術をしてもらいたいという方は美容皮膚科が良いでしょう。

ニキビ自体はどちらもきれいに治す事ができます。 美容皮膚科は知らなかったという方も多いので、近くにある場合は一度話を聞きに行ってみるのもお勧めです。 ただし、勧誘などがある場合もあるので、その場ですぐに決断は避けましょう。

ニキビを治すには運動と質の良い睡眠